鹿児島県ホットラインメール 第64号

2020/3/26

1 知事の動き

損害保険ジャパン日本興亜株式会社と地方創生に係る包括連携協定を締結しました(令和2年3月18日)
  損害保険ジャパン日本興亜株式会社との包括連携協定締結式を行い,協定書に署名をしました。
  今回の協定では,女性活躍推進イベントの開催や,訪日旅行者向けの鹿児島県PRの実施,東京本社・大阪ビルでの県産品を活用した地方創生マルシェなど,さまざまな分野で連携を行うこととしています。
  また,燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会にもボランティア派遣などで協力いただけるということで大変ありがたく思っています。
  現在,新型コロナウイルス感染症の関係で厳しい局面にありますが,今後,協議をしながらお互いの強みを生かした取り組みを実施し,県民サービスの向上につなげていきたいと思います。

2 かごしまの出来事

鹿児島県職員の人事異動
  鹿児島県は3月19日,4月1日付人事異動を発表しました。
  異動人数は2019年度より16人少ない1,943人で,国際交流課関係の異動者については,次のとおりです。
  転出者(新任職)
   ・山﨑 宗範課長補佐(市町村課・課長補佐)
   ・富窪 和人主幹(大島支庁建設課・課長補佐)
   ・谷 まり国際企画係長(かごしまPR課・参事付)
   ・若松 宏美主査(議会事務局政務調査課)
   ・加納 知弥主査(秘書課行幸啓室)
   ・木下 恵介主事(沖永良部事務所)
   ・木村 美祐主事(教育委員会総務福利課)
  転入者(旧任職)
   ・福原 隆行主幹(離島振興課・奄美振興係長)
   ・是枝 千里国際企画係長(人事委員会事務局・参事付)
   ・橋口 悟史主査(財政課)
   ・平田 彩子主事(新規採用)
  課内異動(旧任職)
   ・岡元 隆太郎課長補佐(主幹)

3 かごしまの観光

観光ガイドブック「かごんまさんぽ旅」刊行

  鹿児島県観光連盟は,観光ガイドブック「休日何する?かごんまさんぽ旅」を刊行しました。自然の中のアクティビティーや奄美への船旅,武家屋敷群「麓」,豊富な食材,県内43市町村などの情報を掲載しています。
  書店やコンビニ,通販サイトアマゾンで,B5判オールカラー156ページを税込み770円で販売しています。


4 かごしまの県産品

指宿市産ソラマメの収穫が最盛期
  指宿市では,生産量日本一を誇るソラマメの収穫が最盛期を迎えています。
  同市内の農家では,長さ20センチほどのつやのあるソラマメが,次々とトラックに積み込まれていきました。
  指宿市の2018年度生産量は約2,600トンで,都市圏の日本料理店などで高級食材として重宝され,生産額は約11億8千万円でした。

関連ホームページの紹介
 (1) 鹿児島の観光
   ・ 鹿児島県観光サイト
 (2) 鹿児島の特産品情報
   ・ かごしまふぁんネット特産品・農産物等
 (3) 鹿児島の食情報
   ・ かごしま地産地消推進店
   ・ かごしまの食ウェブサイト
 (4) 鹿児島の農産物情報
   ・ うんめど!よかんど!かごしまブランド
   ・ ふるさと認証食品
   ・ 畜産物・畜産加工品
   ・ かごしま茶
   ・ 特用林産物
   ・ 水産物
 (5) その他鹿児島の情報
   ・ 鹿児島インターネット放送局ムーブ!かごしま
   ・ 鹿児島県公式フェイスブック一覧
   ・ 鹿児島県公式ツイッター一覧
   ・ 鹿児島県ホームページ

編集後記

「鹿児島の動き」でも記載しましたが,今回の人事異動で国際交流課から秘書課行幸啓室に異動することとなりました。
  在任中,各在外県人会の皆様には大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。
  担当者としてこのホットラインメールに携わることも,次号が最後となりますので,どうぞよろしくお願いします。